なぜこの世界は生きづらいのか?

アダルトチルドレンとして 世の中で生きることの辛さや、 思うことを綴ります。

「先延ばし方程式」で考える先延ばし癖

先日、「ばなうた」というサークルの活動に初めて参加してきました。

東京と神奈川でトーク会やボードゲーム会を行なっている団体らしく、

自分と同じACの方もチラホラいらっしゃいました。

 

そこで一緒になった方から相談されたのが、先延ばし癖についてです。

 

皆さんは先延ばし癖、ありますか?

私はやりたくないと思うことをやらずに先延ばす癖があります。

「やらなきゃいけない」と思っていても、

どうも気が向かないと動けないんですよねぇ・・・。

 

今回は先延ばし癖について、「先延ばし方程式」という理論をもとに考えます。

 

  • 先延ばし癖の定義
  • 問題を紐解く「先延ばし方程式」
  • 先延ばした事例に当てはめてみる
  • どうすれば先延ばし癖を直せるのか?
    • 先延ばししない場面を限定する
    • 優先順位を付けずにすぐにやる
  • まとめ

 

続きを読む

成人式にあった奇跡の話

f:id:death_or_agony:20190115161151j:plain
1月14日は成人の日でしたね。

私が成人したのはもう5年前のことになります。

 

成人式というと、忘れられない出来事があります。

今日の記事は生きづらさでも批判でもなく、単なる思い出話です。

 

  • 知り合いの居ない成人式
  • 暇そうな人に声をかけてみた
  • それでも馴染めない成人式
  • まさかの奇跡
  • まとめ

 

続きを読む

学校の感想文に何の意味があるのか?

f:id:death_or_agony:20190113175523j:plain
小学校の時、読書感想文や運動会の感想文などを書かされましたよね。

あれって一体何だったんでしょう?

 

  • なぜ日本人は論理的な文章を書けないのか?
    • 文化的要因
    • 言語構造の要因
    • 国語教育の要因
  • 小学校の感想文の問題点
    • 模範的な感想を強要させられる
  • なぜ模範的な感想を求められるのか?
  • 意見文を書かせてしまえばいい
  • まとめ

 

続きを読む

女性は料理が出来て当たり前? 「自炊が偉い」と言われることに対する違和感

f:id:death_or_agony:20190109125812j:plain
よく初対面、もしくは同じ所属で関わりがなかった人からこんなことを言われます。

 

相手「一人暮らししてるの?」

だ「はい、大学生のときからしてますよ。」

相手「普段自炊してるの?」

だ「家に居るときはほとんどそうですね。」

相手「へぇ、自炊してるんだ。偉いね。」

 

会社の人との飲み会やランチでこんな会話が繰り広げられるのですが、

「自炊するのが偉い」と言われるのに違和感があります。

 

全然嫌な気分にはなりませんが、

東洋経済の記事を読んでいてふと気になることがありました。

  • 「自炊するのが偉い」と言われるのは男性だから?
  • 実際に調べてみた
    • 結果
  • なぜ女性でも「偉い」と言われるのか?
  • 自分で食べるものを作るのが当たり前
  • まとめ

 

続きを読む

【2019年版】人生でやりたいこと100リストを作ってみた

f:id:death_or_agony:20190107183525j:plain
先日参加したACバーで、人生でやりたいこと100リストが話題になりました。

 

ブロガーが書いているのを見かけることが多いですが、

まだ自分のバージョンを作っていなかったので、作ってみました。

  • 人生でやりたいこと100リストの意味
  • 人生でやりたいこと100リスト(だいす2019ver.)
    • リストを作ってみた感想
  • リスト作りに役立つアプリ
  • 人生でやりたいこと100リストを作ってみましょう 

 

続きを読む

親の扶養義務を無理に負う必要はない

今朝読んだ東洋経済で気になる記事があったのでシェアします。

テーマは「親を扶養する義務」についてです。

toyokeizai.net

 

今まで親に扶養されてきた身だったので、

逆に自分が扶養側に立つことは考えていませんでした。

 

しかし、私の両親も定年の年頃なので、

親を扶養することが目の前に迫ってきていると認識しています。

 

引用記事のサブタイトルに「「毒親」だからと放棄することはできない」と書いてあり、

扶養の義務から逃げることができず、追い詰められる気分になりましたが、

よくよく法律を解釈してみると大きな問題ではないことに気付きました。

 

今回は記事の内容の詳細を含めて、紹介していきます。

 

  • 親の扶養は法律で義務付けられている?
  • 具体的な扶養の義務とは?
    • 生活保持義務
    • 生活扶助義務
  • 自分を犠牲にしてまで扶養する必要はない
  • まとめ

 

続きを読む

年賀状を出さなきゃいけない同調圧力が嫌い

f:id:death_or_agony:20190102164102j:plain

新年あけましておめでとうございます。

あっという間に2018年が終わって正月になってしまいましたね。

今年は実家に帰らず家に引きこもって終わりそうです。

 

さて、元日の夜にポストを見てみたら、年賀状が何枚か送られていました。

私の知人には年賀状を送るような人があまりいないので、

保険会社だとか歯医者からしか届きませんでした。

 

年賀状を見て思いついたのが、

「年賀状を出さなきゃいけない」という同調圧力のことです。

 

「年賀状を書け」と子供のときに親に言われたり、

バイトで無給で書かされたりしたことがあったので、

私は年賀状文化が嫌いです。

 

職場のバレンタインデーぐらい嫌いです。

 

今回は年賀状が嫌いになったきっかけについて語ります。

 

年賀状文化はまだ死んでいない

みなさんは今でも年賀状を出しますか??

自分は高校生の頃までは学校の友達と送りあっていましたが、

大学生になってから実物の年賀状は出さなくなりました。

 

「実物の」と言ったのは、今だとスマホから作成・印刷・配達を外注できるアプリ(スマホで年賀状)があるので、紙で買わずとも年賀状を送れるからです。

 

それでも1人の友達が送ってきたから返すというだけで、

自分から送ることはなくなりました。

 

身の周りにも年賀状を送る人は少なくなり、年賀状はオワコンだと思っています。

 

しかし、世の中にはまだまだ莫大な量の年賀状が飛び交っています。

 

年末年始に郵便局でバイトをしたことがあるのですが、

ホントにオワコンか?と疑うほど大量にハガキがあります。

 

どれぐらいの量かというと、両手で持つ箱にハガキを敷き詰め、

それを自分の背の高さぐらいに積んだ山が10個ぐらい1晩に来ます。

 

あんまりイメージ沸かないかもしれないですが、とにかく大量です。

ちなみに全国では2018年は24億枚を発行したそうで、

2003年をピークに年々減少しているようです。

参考:年賀葉書の発行枚数などをグラフ化してみる(最新) - ガベージニュース

 

全人口が1億2000万人とすると1人あたり20枚も出している計算になることから、

いかに年賀状文化がまだメジャーであるかが分かると思います。

 

年賀状嫌いになったきっかけ

冒頭で述べたとおり、私が年賀状を嫌いになったきっかけは2つあります。

 

子供のとき親に言われたこと

1つめは、年賀状を返すように親に言われたことです。

 

私の家族(親や祖母)は自分以外みな年賀状を数百枚単位で書いていました。

当時は親も定職に就いていたこともあり、昔からの知人や仕事関係の人まで、

様々な人に向けて年賀状を出していました。

 

なので、年賀状を出すのは当たり前であり、

送られてきた年賀状を返さないと怒られることもありました。

 

当時はその言葉を信じ込んで、返そうと思わない人にも嫌々返していましたが、

今ではLINEやSNSでやりとりするのが当たり前であり、

そのような自分の「当たり前」を押し付けてきたことに腹が立ちます。

 

バイトで書かされたこと

2つ目は、塾のバイトで書かされたことです。

 

おそらく上層部からの命令だと思われますが、

複数の講師が寄せ書きのようにメッセージを書いて、

全生徒に送る習慣がありました。

 

しかも、業務であるにも関わらず時給が貰えないというクソっぷり。

 

書きたくもない年賀状を書いて、

貰ってもそこまで嬉しくないようなビジネスライクな年賀状を送って、

誰が得するの?って感じです。

 

今の自分だったら全部断りますね。

 

年賀状送らないことで切れる縁は切れていい

ということで、「年賀状を返さなきゃ失礼だ」

「毎年やっているからやらなきゃいけない」

という同調圧力が嫌なので、年賀状を送るのは辞めました。

 

貰ってもLINEなりで返すと思います。

 

いや、LINEすら面倒なので、

前年のお礼を言いたい人にしか送らないかもしれないですね。

 

そもそも、年賀状を送る目的は人間関係の確認行為だと思っているので、

年賀状でしか繋がっていないような希薄な関係に固執する必要なんてないと思います。

 

まとめ

以上、年賀状が嫌いになったエピソードと同調圧力に対する憤怒でした。

バレンタンデーにしろお中元にしろ、面倒で消耗する習慣って色々ありますよね。

 

冷たい人間って思われるかもしれませんが、

ネットでお世話になっている人たちにもブログやTwitterで発信しているわけですし、

それぐらいライトな方が好きです。

 

こんな感じは相変わらずなので2019年もよろしくお願いします。