なぜこの世界は生きづらいのか?

アダルトチルドレンとして 世の中で生きることの辛さや、 思うことを綴ります。

いま求めている人間関係

今日は自分がいま人間関係に対して求めていることについて、

率直に語ろうと思います。

 

 

初対面での出会い

去年の9月に初めてACバーに参加したことをきっかけに、

半年間いろいろな場所で初対面の人と会ってきました。

 

のべ30人ぐらいでしょうか。

一人ひとりの性格や特徴をはっきり覚えていますし、

自分に合う人・合わないと思った人もいました。

その場限りの関係になった人もいれば、

継続的に何回もコミュニケーションをとっている人もいます。

 

以前記事にまとめましたが、私はネットワークビジネスの勧誘によって

初対面の人が集まる場に出向くのが怖くなってしまい、

大学時代の過去の狭い人間関係に閉じこもっていました。

death-or-agony.hateblo.jp

 

しかし、今では腐れ縁(言い方悪いけど)から離れ、

「自分がここに居ていいんだ」と思える場所も見つけました。

 

何をすべきなのか分からなくなった

交友関係が広がったのは大きな進歩ですが、何か物足りなさを感じています。

 

先日のダンゴムシの会では「知り合いを増やしたい」と言いましたが、

その発言をした後によく考えてみたら、

  • 本当にそれを達成すれば満足なのか?
  • 今ある関係を深めた方がいいんじゃないか?

と思えてきました。

 

やりたいこと・満足していないことが多すぎて、

言っていること・考えていることがブレブレです。

 

いま求めている人間関係

具体的に、どんな人間関係が欲しいのか書き出してみました。

  • 「明日ひま?」と聞いてサクっと一緒に飲みにいけるような深い友人関係
  • 気軽に家に呼んでバカなことや真剣な話ができる関係
  • 一緒にタコパできるような関係
  • お互いを信頼し、必要とし、求め合い、支えあう関係

数年前までは大学の友人でこれらのほとんどをカバー出来ていました。

生き別れたKくんとは、自分から見て理想の友人関係でした。

death-or-agony.hateblo.jp

 

しかし、就職してから依存できる関係が限られてしまい、免疫力が低下した結果、

以前できていた他人との交友関係の築くことが出来なくなってしまったのではないかと思います。

 

立ち返るべきは「質のための量」

そんなことを考えていたら、去年ACバーで話したことを思い出しました。

それは、単にフォロワーを増やすのが目的なのではなく、

あくまで濃い関係(質)を見つけるのを目的として関係を広げる(量)ということです。

 

Twitterのフォロワー数で例えると、

フォロワーが100人から1000人になったら果たして満足するのでしょうか?

 

いいねの数とちょっとリプをする程度の関係が増えるだけで、

私はそれでは満足できないと思います。

 

数を増やすだけじゃなく、

同時にリアルでも仲良くできるレベルの関係が欲しいんです。

 

なので、全く新しい場所に飛び込むよりかは、

今まで知り合った人と関係を深める方が良いんじゃないかと思いました。

 

あくまで量は質を担保するためのもの。

これを念頭に置いた上で周囲の人に接していこうと思います。