なぜこの世界は生きづらいのか?

アダルトチルドレンとして 世の中で生きることの辛さや、 思うことを綴ります。

【無職・借金150万】YouTuber青髪ピピピの生きづらさに共感してしまった

f:id:death_or_agony:20181121141602p:plain

先日発見した面白いYouTuberを紹介したいと思います。

その名も、Vtuber青髪ピピピfeat.黒髪ピピピ です。

 

青髪ピピピfeat.黒髪ピピピとは?

言葉で語るよりも動画を観てもらった方が分かりやすいので、

まずはこちらの動画をご覧ください。

www.youtube.com

私が初めて観た彼の動画がこれなのですが、なんというインパクトでしょう。

 

30歳、無職、引きこもり、借金150万円という負の肩書き。

(※ちなみに、2018年11月現在の動画では150万円に増えています。)

 

そのステータスを武器に、

  • 収入と借金返済の報告
  • 過去の仕事バックレ歴
  • 無職の生き方、人生観
  • ナンパ配信
  • 旅行配信

などの動画を出しています。

 

2018年の1月に初めての動画を投稿しており、

現在の顔出しスタイルで頻繁に投稿するようになったのが7月です。

 

11月現在チャンネル登録者数は15,824人なので、

たった4ヶ月でここまで増やしたことが分かります。

凄い勢いですね。

 

特に長時間のライブ配信をやっているのが特徴的で、

悲痛な目をして辛辣な口調で語る動画とは180度反転し、

笑顔で視聴者のコメントを読む姿を見ることができます。

 

青髪ピピピというのはアイコンや表題スライドに出てくる青髪少女のキャラクターであり、

黒髪ピピピというのはリアルな人間としてのキャラクターです。

 

表と裏(実体)の2つのキャラクターが登場しますが、

彼の主張、思考は人間である黒髪ピピピに集約されており、

表裏一体の存在であると思います。

 

青髪ピピピの魅力

私が考える彼の魅力は、話題の豊富さ・言語の表現力・持たざる者の底力の3つです。

話題の豊富さ

元々芸人を目指していたこともあり、とにかく喋り続けます。

ライブ配信では長くて10時間を超えることがありますが、

基本的にずっとマシンガントークです。

 

彼の口はとどまることを知りません。

 

過去にホストの体験入店を100店舗近く行なったり、

スピーチのスクールに通っていたりしたことがあるそうで、

1つのトピックを膨らませて発信する能力が素晴らしいです。

 

言語の表現力

先ほどの動画を観て分かるとおり、

独特な言い回しと豊富なボキャブラリーが面白いと思います。

 

「人生の角度は90度 地獄の血の池 真っ逆さま

 クズボッチ陰キャ・ピピピです」

という冒頭の挨拶で惹かれてしまいました。

 

彼のトークには一般的に考えると蛇足な表現(「しかるべきところ」など)

が多いのですが、それが彼らしさであり、

彼にしかできない表現技法であると考えています。

 

持たざる者の底力

持たざる人間は常人が持つことのないクレイジーを伴うことがあります。

 

無職で借金持ちという成功とは真逆の状況において、

「普通に生きようと思っても生き延びれない。

 YouTubeやブログで全てを曝け出し、0か100の人生を送るのだ。」

という気概を感じました。

 

借金を返済するためにただアルバイトをして淡々と稼ぐのではなく、

無職で借金を持つことを売りにしてネット上で自我を作る。

 

ゲーム実況に1000時間を掛け、数千字の記事をブログで書き続け、

動画更新とライブ配信もするという彼の行動量の多さは、

持たざる者ゆえの底力から生まれるのだと考えています。

 

なぜ無職で借金をもつようになってしまったのか?

最も気になるのが、なぜそれほどの借金を作ってしまったのか?

ということだと思います。

 

ライブ配信でその質問を投げかけると、

「衝動に弱いから。」と彼は答えていました。

 

彼は幼少期から欲しい物をすべて与えられる環境で育てられ、

大学を中退した後は父親の会社に籍を置いて、

仕事をせずとも生活費を受け取っていたそうです。

(通称「家庭内ベーシックインカム」)

 

そのような環境で育った結果、

欲しいと思う衝動を我慢することができなくなり、

リボ払いでお金を使うことを止めることが出来なくなったとのこと。

 

ブログにはお金や物だけを与えられた辛さが綴られています。

www.pipipipipi5volts.com

 

共感ポイント:甘やかされたゆえの生きづらさ

実は私も親に甘やかされたタイプでして、ピピピの生きづらさに共感しました。

年収2000万円ほどではないですが、私の実家は生活に困らないほど裕福でした。

 

欲しい物を何でも買ってもらったわけではないですが、

教育に対して多額の出費をし、進学に際してかかるお金は全て払ってもらいました。

 

加えて、子供を自分の理想にしたいがゆえに過干渉であり、

私がやるべきことを取り上げ、勝手に面倒を見るような親でした。

 

そのような家庭で育った結果、

自ら求めるものを獲りにいくマインドがなく、

辛い現実から逃げ続ける人間になってしまいました。

 

子供を甘やかすだけというのは罪であり、完全に親のせいです。

 

「大人になってなに親のせいにしてるんだ!」

というクソリプを飛ばす輩も居そうですが、

大人になってからも問題を抱えてしまうほど、

家庭環境は人間形成における重要なファクターであると思います。

 

今後伸びると思う理由

私は今後ピピピの人気が伸びてゆくと予想しています。

そう考える理由は以下の通りです。

 

視聴者をファン化できている

YouTuberは動画投稿+各種SNSで活動しているケースが多いですが、

ライブ配信は動画と比べて視聴者と演者の距離が近いものです。

 

両者の距離が近いとファン化の速度が早まると思います。

 

ファン化とは、初見の視聴者→リピーター→信者

へと信仰心が深化していく過程のことです。

 

初めてから短期間にも関わらずライブ配信では多くの投げ銭が飛び交っており、

新規顧客を上手くファンにしていると思います。

 

投資マインドがある

ピピピは借金があっても、より良いコンテンツを生み出すための投資を惜しみません。

 

「借金あるからお金使えない。」

ではなく、

「借金あっても動画のためにリボ払いする。」

なのです。

 

動画編集に必要な機材や青髪ピピピのキャラクター制作にもお金をかけ、

投げ銭の収益を旅行での飲食代に充ててより面白い場を作ろうとします。

 

既に借金をしているからこそ、

新たにお金を投じることに抵抗がないのかもしれません。

 

インプット量が多い

無職ゆえの時間と労力の投入量が半端ないです。

 

ゲーム実況に掛けた1000時間というのは。

1日10時間やって100日間かかる量です。

 

逆にそれほど時間と労力を投入しないと、

生活出来るほどの収益を生み出すのは難しいのかもしれませんね。

 

まとめ

以上、YouTuber青髪ピピピの魅力と生きづらさに関するまとめでした。

私はこれからも彼(彼女)の動画を観て応援していきます。