なぜこの世界は生きづらいのか?

アダルトチルドレンとして 世の中で生きることの辛さや、 思うことを綴ります。

1ヶ月間のブログを振り返って

記事を30件書いたので、ここまでの内容を総括していきます。

 

とその前に、なぜ30件なのかというと、

だいだい人間が飽きるポイントがにちなんだ数字だと思っているからです。

 

3時間、3日、3週間、30日(1ヶ月)、3ヶ月、300日・・・

自分の場合、だいたい3時間同じことを続けると飽きます。

そして、瞬発的なモチベーションがあったとしても3日で飽きがきますし、

3日以上続けられても3週間ぐらいで辞めることもあります。

 

そのぐらい飽き性な私なので、

ブログの記事を30日分書き続けて、世の中に対する不満がなくなってきました

膿を出し切ったといった感じですね。

つまりのところ、飽きるポイントまで来ました。

 

このポイントこそ、自分が吐き出したものが何だったのか振り返るポイントだと思ったので、

今回はこれまで書いた記事の内容を振り返ります。

 

振り返りの視点

私は元々ブログを書く習慣がなかったので、とりあえず書きたいことを書いてきました。

なのでカテゴリーはバラバラで統一性はありませんし、

正直質もそこまで高くないと思っています。

 

そして、書きたいと思って自由に吐き出したことは、

私の素性でもあり、人生でもあると思います。

 

自由に書いているからこそ色が出ますし、

その個性の発揮が連続することで人格であったり、

さらに長いスパンで考えると人生になります。

 

なので約30記事の内容の特徴をふまえ、自分がどんな人間であるか考えていきます。

 

1ヶ月間書いた記事を振り返ることで、自分の特徴を考える。

 

記事の特徴

①不満が多い

 ここに挙げたような世の中の制度・習慣に物申す記事は、基本的に不満がベースです。

death-or-agony.hateblo.jp

death-or-agony.hateblo.jp

death-or-agony.hateblo.jp

 

普段不満に思っていることに対して、自分が考えるデメリットを挙げ、

「それなら辞めちまえ」

「こういう風にすべきだ」

と意見を述べています。

 

意見を述べた上で、自分でアクションを起こしている部分は良いのですが、

不満を撒き散らしていることには変わらないです。

 

サンドバックを殴るのは程ほどにして、

怒りをもっと行動に変えていかなきゃと思いました。 

 

②自分語りが多い

書いているときに思ったのですが、私は~だと思う(I think~)の文体が多い気がします。

もう既にこの記事でも「思います」「思いました」が出てきています。

 

自分の意見をもつことが多いんですが、

リアルの世界で発信する相手が居ないんですよね。

いきなり脈絡もなく真面目なトピックで話されても、相手は困ると思います。

 

しかし、ネット上であれば不特定多数の人間に対して、

自分の好きなタイミングで発信できます。

 

そんな感じで、いつも何か考えを抱えている人間なのです。

 

③全体的にネガティブ

パッと記事の一覧を眺めた印象、ネガティブです。

「ネガティブは良くないな~」

「直さなきゃいけないと分かっているのにできない。どうしよう。」

と考えるぐらいネガティブです。

 

ネガティブを脱する方法は、ポジティブな人間と一緒に過ごすことだと思っていますが、

ポジティブ人間となかなか馬が合わないんですよね。

それで結局暗い世界に戻ってしまう。

そんな自分が嫌いでもあります。

 

今後どうするのか?

記事の特徴は自分の特徴でもあるので、

「やっぱりそういうところあるよな~」と受け止めます。

 

その上でどうなりたいのかですが、

私はブログを書くことを通じて、居場所を作りたいです。

 

居場所を作るためには人を集めなければいけないのですが、

やっぱりネガティブな内容は人を集めないことが分かりました。

 

なので、ブログタイトルを変えて内容も変えるか、

人を集める用ブログを新たに作ろうかと思っています。

 

「生きづらい」が軸となっているから内容がネガティブになってしまうわけで、

軸を「自分」にすれば、もっと好きなことを発信できるからです。

 

もしくは、怒りを発散する場としてこのスタンスのまま継続し、

新しいブログを作るか。

ただ、こっちの方法は2つの自分を作るようで疲れそうです。

 

どんな方向に行くか迷子になっていますが、

どこかしらは必ず変わるので、

これからも見ていてください。